AX

ビットフライヤー 販売所 取引所 違い

俺の逆張り投資 仮想通貨&海外取引所

ビットフライヤー【販売所】と【取引所】の違い。損する前に知ろう

読了までの目安時間:約 5分

 

ビットフライヤー 販売所 取引所 違い

ビットフライヤーの販売所と取引所の違いを知らないと見えない手数料をもっていかれて損をしますので、ビットフライヤーで取引をする前に必ず、販売所と取引所の違いを理解しておきましょう。

 

 

結論から言うと、今後はビットフライヤーでも取引所で売買する事がおススメです。それは、通常であれば取引所での売買の方が販売所で売買するよりも手数料が安いからです。

 

 

ただし、今の段階では期間限定ですが、ビットフライヤーも「販売所」での売買の手数料を無料にしているので、キャンペーンが終了するまでは、販売所での取引の方が安くなっています。キャンペーンが終了したら、「取引所」の手数料が安くなります。また、2018年1月7日時点の情報になりますので、取引をする前に必ずビットフライヤー公式で手数料を確認するようにしてくださいね!

 

ビットフライヤーの取引所と販売所の売買手数料(2018年1月7日現在)

ビットフライヤー 販売所手数料

 

販売所と取引所の違いを知ろう

 

販売所と取引所では取引相手が違います。

 

・販売所は「ビットフライヤー」との仮想通貨売買

・取引所は「コインを持っている個人」との仮想通貨売買

 

販売所の場合は、ビットフライヤーがあらかじめ多くのビットコインを仕入れているものから、あなたが購入する事になります。

 

この場合のコインの購入金額は、ビットフライヤーの提示している金額が購入金額になります。(個人間で取引できる金額にビットフライヤーが手数料を上乗せしていると思っていただければわかりやすいのではないでしょうか)

 

一方、取引所の場合は、

コインの購入相手は個人です。

ビットコインを売買したい人たちが直接繋がったネットワークの中で

直接売買する事になりますので、通常であれば手数料も安く購入できます。

 

現在は、ビットフライヤーも販売所での売買手数料をキャンペーンで無料にしていますので、そちらの方が安いですが、キャンペーンが終了すれば、取引所での手数料の方が安くなります。

 

1BTCが販売所で30万円の時に、取引所の価格を見てみると、28万円になっていた事もありました。2万円いきなり引かれた金額から取引するのは、後々かなり大きな差になってきます。

 

売買をする画面が違うので注意が必要

 

ビットフライヤーの【販売所】で取引する場合は、

1.ビットフライヤーへログインする

2.左メニューの「ビットコイン販売所」で売買

することにより、販売所で売買ができます

 

 

一方、【取引所】で取引する場合は、

1.ビットフライヤーへログインする

2.左メニューの「ビットコイン取引所」で売買

することにより、取引所で売買ができます。

 

 

損しないために必ず複数の取引所を使うようにしよう!

このような事が日本国内の取引所では多いので、仮想通貨取引は、私は海外取引所をおすすめしています。ただし、海外取引所では「日本円」をそのまま入金できるところが少ないので、その点は不便です。

 

解決策としては、

ビットコインが安く売買できる「取引所形式の国内取引所」で登録・口座開設しておき、日本円を国内取引所に入金し、「取引所」で手数料を安くビットコインを購入し、(販売所形式では手数料が高くなるのでダメ)国内取引所の送金機能を使用して、海外の取引所にビットコインを送金して、アルトコインを買ったり、そのままビットコインを運用したりするのがベターだと考えます。

 

私が実際に使用した仮想通貨国内取引所リスト

 

私が実際に使用した仮想通貨海外取引所リスト

 

目次(ホーム)に戻る

 

 

タグ :

仮想通貨 手数料    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: