AX

仮想通貨 海外取引所

俺の逆張り投資 仮想通貨&海外取引所

コインチェックからポロ二エックスに送金してリップル(XRP)購入してみた

読了までの目安時間:約 3分

 

コインチェック ポロ二エックス リップル 送金


 

 

コインチェックの手数料にウンザリしてたので、

コインチェックで買ったリップル(XRP)を全部売却して、

ビットコインを買って、ビットコインをポロ二エックスに送金してみました。

 

 

私がやった流れはコレです↓

 

 

■コインチェックで保有していたXRP売却→コインチェックでBit購入→コインチェックからポロ二エックスにBit送金→ポロ二エックスのBitでXRPを買いなおす。

 

 

※ただしクイック入金とコンビニ入金で入金したお金の合計額の半額は

7日間送金できないようになっているようです。私も半分はコインチェックに残ったまま。

 

 

これなら、日本円から、

海外取引所のポロ二エックスでXRPが買えます。

 

 

ポイントは、コインチェックで買ったXRPをそのままポロ二エックスへ送金せずに、

コインチェック内で一度、ビットコインに変えてから送金した事。

 

 

コインチェックで買ったXRPを他のウォレットに送金すると

送金手数料が0.15XRPも取られます(つまり送金手数料で15%もとられる)

 

 

30万円分のリップルを持っていたら、

送金手数料に4万5千円も払うはめになるΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

 

これを一度、ビットコインに変えることで、

ビットコインの送金手数料がで済むので、

ビットコインに変えてからポロ二エックスに送金しました。

 

 

30万円分のビットコインを買っていたら、

送金手数料がたったの300円!!!!

 

 

この違いなんなんだよ。腹立ってくるなー(笑

 

 

まあ、無事、

ポロ二エックスでリップル買えたので、

これからはもっと買い足していきます。

 

 

コインチェック ポロ二エックス 送金
 

 

 

タグ :

リップル投資日記    コメント:0

リップル(Ripple)をコインチェックで30万円分買ってみた

読了までの目安時間:約 4分

 

仮想通貨 Ripple

12月30日。

 

 

リップルが爆騰してたので、

試しに口座開設してた、

コインチェックで30万円分買ってみた。(手数料高くて嫌だけど)

 

 

仮想通貨 Ripple
 

 

コインチェックのクイック入金でコンビニから朝の4時半に入金して、30万円のポジを確保。

 

 

1380XRPのロングポジョン。

 

 

コンビニ入金手数料が

1000円かかってまふ。

 

 

今、朝の6時半だから、

2時間で32万円になってます。

 

 

なんと、時給1万円。

 

 

リップル 仮想通貨
 

で、試しにコインチェックの送金を試してみたら、驚くべき結果に!!

 

 

リップル コインチェック 送金
 

なんと、1380XRPが、

送金するだけで、730XRPと、

コインチェックに手数料持っていかれて、半分になるのか。

 

 

コインチェック、消費者金融より

ひどいなー。

 

 

30万円のお金が、

送金するだけで手数料で、

15万円引かれるわけですよ。

 

 

ただでさえ、

コインチェックはBTCは取引所として機能しているけど、リップルなどのその他アルトコインは販売所の為、手数料が高いのだ。(30万円買って、2万円くらい抜かれてる)

 

 

しかも、コインチェックは、

ポジションを保有して、

日付を超えるとそれだけで、

さらに手数料とっていくから、

全然おすすめ出来ない。

 

 

今のような暴騰で、

1日、2日で利益をとって

換金するなら使えるけど、

ロングで中長期にポジションは

マジで持たない方が良い。

 

 

アフィリサイトとかで、

仮想通貨ランキング1位とかに、

コインチェック入れてるサイトあるけど、あれ信用しちゃダメだよ!

 

 

僕も年明けには、

コインチェックのリップルは

売って換金して、

もっと手数料の安い取引所で

リップルのポジション持ち直します。

 

 

続き

コインチェックからポロ二エックスに送金してリップル(XRP)購入してみた

 

タグ : 

リップル投資日記    コメント:0

グーグル(Google)が出資した仮想通貨リップル(Ripple)の可能性

読了までの目安時間:約 4分

 

投資日記3

時価総額世界2位のグーグルが出資した仮想通貨「Ripple」

 

 

グーグル 仮想通貨
 

今日、爆上だったね(笑。

今日かなり儲けた人いるんじゃないかなー

 

グーグル 仮想通貨
 

今日、一日で35%の爆上げ。

数日前は113円とかだったのに、凄い上げ方だな。

 

 

でも、私は本格的に上げるのは、

来年、以降だと思っている。

 

 

私も年明け早々、

がっつりリップル買うよ!

 

 

これで、リップルのamazon(アマゾン)との資本提携が決まれば、

今日の爆騰どころじゃないからね。

半端ない可能性があるから。

 

 

35%上がったといってもまだ、

200円いってないし、

人生最大の勝負。

 

 

後発でも一点集中で、

突破してやる。

 

 

それと気になっているのは、

NEM(ネム)という仮想通貨。

 

 

おそらく、

NEM(ネム)も買う。

 

 

NEMはまだ、

116円台。

 

 

NEM(ネム)を買う為に、

ザイフの口座も開設中だし、

入金できるようになったら、

まずはネムから買うかな。

 

 

↑のリンクから登録すると

私にアフィリ報酬入ってくるけど、

それでもいいなら、登録しておいても損はないと思う。

 

 

NEM ネム 仮想通貨
 

爆騰してからの口座開設じゃ、

チャンスに乗り切れないのがわかったから

みんなも来年に向けてどんどん口座開設していった方がいいよ。

 

 

本人確認に1週間とかかかるから。。。

(クラーケンはまだウンともスンとも反応ありません(笑)

リスク管理の意味でも国内・国外合わせて

いろんな取引所や販売所で口座開設をおすすめします。

 

 

この年末の暴騰のタイミングを逃した反省を踏まえ、

国内取引所と海外取引所合わせて、

ガンガン登録・口座開設していっています。

 

 

後は、スキマ時間で、

スマホからCISさんのツイッター見てる。

 

 

CISさんは「仮想通貨界トレードは日本個人が世界で一人勝ち状態」と言っている。

 

 

次のリーマンショックは、ビットコインが作るのか!?

 

 

次の暴落で、

ガンガン投資できるように、

仮想通貨で現金作ってチャンス待ち

 

 

続き

リップル(Ripple)をコインチェックで30万円分買ってみた

 

タグ :   

リップル投資日記    コメント:0

リップルをハードウェアウォレットで安全に保管

読了までの目安時間:約 9分

 

投資日記2

Ledger Nano S
 

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)が日本在庫がなくなって、

注文してもなかなか日本に入って来なかったりで困っている人もいるみたいです。

 

 

レジャーナノエス
 

 

私もリップルを買うと決めて、

海外取引所で仮想通貨を買うと決めてから、

仮想通貨取引所のオンラインウォレットは取引所の破産や

ハッキング被害にあった場合を考え、

「オンラインウォレット」はなしにして、

PC内にソフトウェアをダウンロードして使用する

「クライアントウォレット(ローカルウォレット)」は

PCの容量が膨大なためと、ソフトウェアをインストールPCでしか利用できない点を

考慮して、断念。

 

 

あとは、「ペーパーウォレット(コールドウォレット)」か、

「ハードウェアウォレット」の選択肢。

 

 

Facebookを発明したといわれているウィンクルボス兄弟は

Facebookへの訴訟で得た6500万ドル(約51億円)の和解金で

ビットコインを大量に購入し、現在は、秘密キーをプリントした紙を切り分けて

別々の封筒に入れ、アメリカ各地の複数の銀行の貸金庫に

預けているそうです。

 

ウィンクルボス兄弟
 

これはペーパーウォレット(コールドウォレット)という

保管方法です。

 

コールドウォレット
 

ただこれは今の自分には

現実的に難しいので、

消去法で必然的に「ハードウェアウォレット」で

リップルを保管する事にしました。

 

 

ちょっと断線しました(笑

 

 

2017年5月19日に、Ledger Nano S(レジャーナノS)が

リップルのXRP保管に対応しています。

 

 

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の対応通貨は、

ビットコイン・ビットコインキャッシュ・イーサリアム・イーサリアムクラシック

イーサリアム系のトークン・リップル・DASH・ライトコイン・ZCASH・Stellar

ビットコインゴールドなどと増えていっており、

1台購入すれば上記の仮想通貨から「4つの仮想通貨を保管」できます。

 

 

海外公式サイトから直接購入するのが、安全かつ安い

 

アマゾンから購入しても日本語マニュアルは付いていなくて、

どのみち、日本語ウェブマニュアルを見て、

操作になれるしかないそうなので、

海外のLedger社(フランス)の公式サイトから直接購入する方法を選びました。

 

 

レジャーナノS
 

 

納期はだいたい、通常1~2週間はかかるそうなので、

年内に到着が遅くとも年明けには、

手に入る計算です。

 

 

ハードウェアウォレットは突然の故障に備えて、

予備を1台持っておくのが鉄則なので、

今回も私は2本、Ledger社の公式サイトから購入しました。

 

 

レジャーナノS
 

 

値段情報の比較

※海外公式で2本購入・・送料込みで139.7ユーロ(約18,760円 1本あたり9,381円)

※海外公式で1本購入・・送料込みで81.7ユーロ(約10,375円)

※日本のアマゾンで購入・・10,500円+送料

 

 

amazonでは、誰でも出品でき、

中国の業者も多いと聞くので、

もし万が一、不正プログラムを入れられていても

わからないリスクも存在します。

 

 

そんなこんなで、

海外の公式サイトから、

Ledger Nano S(レジャーナノエス)を2本購入しました。

 

 

レジャーナノSLedger Nano S(レジャーナノエス)
 

Ledger Nano S 海外公式サイトからの注文・購入方法

 

Ledger Nano Sを海外公式サイトで購入する方法を説明します。

サイトは英語だらけですけど、簡単に購入できます。

 

 

Ledger Nano S
 

 

まず、Ledger Nano Sの海外公式サイトのトップページの下部から、

言語を日本語に設定してください。

これで、より楽に購入できます。

 

 

Ledger Nano S
 

 

本数を決めて、

「確認&お支払い」を教えて購入します。

 

 

Ledger Nano S
 

 

お届け先の入力

Ledger Nano S
 
  • DESTINATION COUNTRY・・・JAPAN
  • POSTAL CODE・・・郵便番号(ハイフン無しの半角数字を入力)
  • SHIPPING METHOD・・・普通配送納期7~21日、またはUPSExpressだと納期が約1週間になるが、そのかわり送料が57ユーロ(7011円)もかかります。
 

ここまで入力すると合計金額が表示されます。

クレジットカード決済かペイバル決済すれば日本円で引き落とされます。

 

 

私は、銀行決済がエラーになったので、

ペイパル決済にしました。

 

 

レジャーナノエス
レジャーナノエス
 

住所や電話番号の入力は上記を参考に入力してください。

 

 

Additional information(追加情報)やEu Vat Numberの項目は空欄で大丈夫。

 

 

注意点は電話番号の入力です。日本の国際コードは「81」で

電話番号の頭「0」を省略してハイフンなしで入力してください。

 

 

固定電話012-345-6789なら「81123456789」としてください。

 

 

レジャーナノエス
 

あとは、めっちゃ簡単で、

納期は確認しました?、住所の間違いはないですか?などの確認事項に

チェックマークを入れてください。

 

 

レジャーナノエス
 

最後に決済方法を選択して、

「続ける(Continue)」ボタンを押して

クリックして決済に進んでください。

 

 

英語が苦手な人でも

言語を日本語に変換できますので、

実際にやってみると簡単に注文できます。

 

 

海外に在庫がなく製造中の場合は

サイトに「PreOrder」と表示されるようです。

 

 

何もなければ、

通常通り注文を受け付けている証拠です。

 

 

決済が終われば、受注完了のメールが届き、

発送した際にはその内容もメールで送ってくれます。

 

 

レジャーナノエス
 

 

私も今日発注したので、

商品が届けば、また報告致します。

 

 

続く

グーグル(Google)が出資した仮想通貨リップル(Ripple)の可能性

 

タグ :

リップル投資日記    コメント:0

日本円でリップルが買える海外取引所

読了までの目安時間:約 8分

 

投資日記1

Ripple
 

 

決めた!リップル買います!!

 

 

 

さて、今日は2017年12月24日。

 

 

有馬記念では、北島三郎オーナーのキタサンブラックが

見事優勝し、有終の美を飾ったシーンが流れております。

 

 

キタサンブラック
 

 

今日は、朝から連日賑わしている、

仮想通貨について色々調べておりました。

 

 

後発も後発ですが。。。笑

今日、仮想通貨を買うことに決めました。

 

 

「リップル(Ripple)XRP」買います!

 

 

※この時、リップル爆上げ中【120円】(笑 半年前なら、62円とかで買えていたけど。

 

 

リップル 高騰
 

 

ただ、私、ブラック企業に勤めるサラリーマンなので

年内は資金調達に精を出して、

年明け2018年すぐに仮想通貨のRipple(リップル)を買います。

 

 

一度、買ったら、

売るときは10年後か20年後か、

もう触りません。売りません。

 

 

どこまで我慢して保有できるかの勝負です。

 

 

さて、34年間生きてきて

最大の勝負を始めます。

 

 

今日は、仮想通貨の日本国内の取引所と海外取引所を

調べ、手数料の違いを見ていた。

 

 

結論は、「国内取引所手数料たけー!!!!」

 

 

最近、出川哲郎さんを起用して、

コインチェック(coincheck)とかバンバンCMし始めたけど、

国内の取引所は、どんだけ手数料取る気だよ。

 

 

国内取引所での取引は最初から除外!

国内取引所は、会員登録だけして、

便利なアプリでチャートを確認したり、情報取得の為に

使用させてもらいます。

 

 

国内取引所関係者の方、見いていたら後免なさい。

使用者の生の声なので許してね。。

 

 

ということで、手数料の安い海外取引所で「リップル」買うことにしました。

 

 

あとは海外取引所でどこを使うかの問題だけど、色々調べてみて、

「Bittrex(ビットレックス)」「Binance(バイナンス)」「Kraken(クラーケン)」「poloniex(ポロ二エックス)」に絞り考えました。

 

 

一番は、手数料0.25%で海外取引所にしては、

高い手数料だけど、200種類以上の仮想通貨が買える、

ビットレックスで買いたかったんだけど、現在、

新規ユーザーアカウント登録中止中だって。チーン( *´艸`)

 

 

まあ、しょうがない。

ココは登録再開したら申請しよう。

 

 

あと、バイナンスは調べていたら

中国の取引所らしい。

 

 

めっちゃ勢いはあるみたいで、

日本語対応もしていて、

手数料も0.1%らしいけど、

なんか個人的に信用できない国なので

除外しました。(中国の方見ていたらごめんなさい。)

 

 

※ホント個人的見解なので聞き流してくださいね。

 

 

あとは、ポロニエックスとクラーケンだけど、

今、私は日本円しか持っていなくて、

日本円でリップルが買える海外取引所に

必然的に絞られてくるのよ。

 

 

ポロニエックスは、

アルトコインの取引量が世界最大で

手数料も安いんだけど、

日本円でリップルが買えないみたい。(もっと普及したら今後は買えるようになるかもね)

 

 

そこで、日本円でリップルが買えるらしい

Kraken(クラーケン)でリップル(XRP)を買うことにしました。

日本語にも対応しているらしいので、取引所はクラーケンに決定。

 

 

 

あとは、買ったリップルを保管するウォレットを決めなければいけないんだけど、

オンラインウォレットでは、ハッカーなどに盗まれる心配があるので、

ハードウェアウォレット(ハードウォレット)で今後購入するリップルを保管することにしました。

 

 

まだ、リップルも買ってないけど(笑。もう保管の事心配している。。。

 

 

買ったハードウォレットは、

「Ledger Nano S(レジャー・ナノS)」とい暗号通貨ハードウェアウォレット。

ザイフでも推奨しているみたいです。

 

 

レジャーナノS
 

 

アマゾンで買うより、海外の公式サイトの方が

安かったので、そちらで注文しました。2個買いました。(どんだけ心配性なんだよ!)

 

 

どうやらフランスから来るみたいで、

到着までに2週間くらいかかるみたい!

 

 

到着したら、また報告します!

 

 

あっ、それとレジャーナノSの海外公式サイトでの

注文の仕方はネット調べれば出てくるんですけど、

時間出来たら、別途、記事書いときますね。

 

 

さて、後できることは、

クラーケンの新規登録ですね!

 

ってことで、

早速、登録してきました。

 

 

リップル取引所のクラーケンは認証が4段階まであって、

認証レベル3にいかないと「リップルを円で買うことができない」仕組みのようです。

 

 

クラーケン承認レベル1から4
 

 

一応、認証レベル3まで申請中。

レジャーナノs同様こちらも認証まで結構な時間がかかるらしい。

ネットでは1週間かかっても、おりなかった人もいるようなので

気長に待ちます。

 

 

それまでに、またリップルが高騰しなきゃいいんですが笑。

 

 

本日出来ることはやりましたので、

明日から、また随時状況を報告していきます。

 

 

【続き】

リップルをハードウェアウォレットで安全に保管

 

タグ :

リップル投資日記    コメント:0